時事ネタまとめ記事投稿

時事ネタのまとめサイトを作っています。こちらの記事では5chに流れているニュースをまとめていきます。政治系の記事を多く投稿すると思います。読んで興味を持った方がいたらぜひお気に入り登録やコメントして頂けると幸いです。

    2019年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/02/28(木) 19:39:42.66 ID:CAP_USER
    66時間の列車に乗ってと「手ぶら帰国」... キム・ジョンウンの位相打撃避けられ
    記事入力2019-02-28 17:43

    【ハノイ(ベトナム)=アジア経済ギムドンピョ記者]ベトナムのハノイで対北朝鮮制裁の緩和という包みを持って行くために66時間を電車に乗って走ってきたキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長が手ぶらで帰国することになった。 2次ブック・未定会談で、北朝鮮の非核化措置をもたらし、これにより、経済成長の踏み台を用意しようと金委員長の計画は水の泡になった。

    27?28日、第2次ブック・未定会談の結果として出てくるものと予想された「ハノイ宣言」が突然失敗した。 キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長とドナルド・トランプ、米国大統領は、午前11時55分(韓国時間午後1時55分)、午後2時頃、それぞれ予定された昼食会と合意署名式を取り消した。

    北朝鮮が具体的な非核化措置を出し、アメリカがそれに相当する対北朝鮮制裁の緩和などの措置を交換することに合意する「ハノイ宣言」が出てくるだろうと予想されたが不発になった。

    ハノイ宣言への期待は、韓国と米国はもちろん、北朝鮮でも非常に大きかった。 北朝鮮メディアは、金委員長の平壌出発ニュースやハノイ到着お知らせなどを迅速に報道した。 最高指導者の歩みを一歩遅れて、内部に知らきたこれまでの報道姿勢とは違った。

    北朝鮮は今回の会談で、十分な成果を出すことができると見て、その成果を公表するために、住民にも関連内容を知らせ期待感を育ててきた。

    北朝鮮の学生が27日(現地時間)、平壌の距離でドナルド・トランプ、米国大統領と2次ブック・未定会談を控えたキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長のハノイ到着のニュースを伝える労働新聞を広げたまま読んでいる。

    28日、北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は、全体の6面のうち1面と2面の床のほとんどを割いて、金委員長とトランプ大統領が8ヶ月ぶりの会談のために直面??線瞬間から続いた友情の晩餐まで17枚の写真を掲載した。

    新聞は「対決と反目の悪循環を終わらせ、新たに到来した平和繁栄の時代に応えるするチョ・米(北・米)最高首脳の方々の非常に高い熱望と進取の努力、非常な決断によって、歴史的な第2次条未遂脳対面と会談がハノイで始まった」と伝えた。

    しかし、ハノイ宣言はなかったし、北朝鮮に対する米国と国際社会の制裁緩和に変わりはなくなった。

    これにより、北朝鮮メディアは、今回の会談不発に関する事実を報告していなかったり、米側が一方的に強く非難し、すべての責任を北朝鮮ではなく米国に回すと予想される。

    それでも金委員長の位相打撃は避けられないものと見られる。 制裁緩和を通じた経済発展を遂げ、住民の生活の質を向上させるという約束を金委員長は守る容易になった。

    一方、金委員長は、今回の北・未定会談のために列車に乗って4500㎞を走って66時間もかかって、ベトナムのハノイに来た。 金委員長を乗せた列車は韓国時間で23日午後4時30分頃平壌駅を出発し、26日午前8時10分頃、中国との国境地域であるベトナムラング禅城同党駅に進入した。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D277%26aid%3D0004421687 ate%3D20190228%26type%3D1%26rankingSeq%3D3%26rankingSectionId%3D100&usg=ALkJrhhKchzumlGjEAH4HyGzr1cXma19lw

    【【国際】金正恩赤っ恥 66時間電車に揺られて手ぶら帰国 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひろし ★ 2019/02/28(木) 21:44:40.29 ID:CAP_USER
    2019.2.28 21:30

     【ソウル=名村隆寛】米朝首脳会談での成果を両国の仲介役として期待していた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、「楽観から180度反対の結果」(韓国メディア)となった会談の事実上の決裂に落胆を隠せない様子だ。

     28日に和やかな雰囲気で始まった2日目の会談に、韓国政府周辺では合意が当然視され、関心はその中身だった。しかし、会談結果を受けた韓国大統領府の記者会見は沈痛な雰囲気で、報道官は「残念だ。米朝の活発な対話が続くことを期待する」などと述べるにとどまった。

     南北交流を進める文政権は、経済協力事業である北朝鮮の開城(ケソン)工業団地の再稼働や金剛山観光事業の再開などを構想していたようだ。また、朝鮮戦争の「終戦宣言」への関心も強く、メディアや専門家の間では「宣言には韓国も含むべき」との主張も出ていた。

     しかし、韓国の期待は完全に霧散。昨年9月の平壌での南北首脳会談で合意した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「早い時期のソウル訪問」の見通しも一層不透明になった。今回の米朝首脳会談後、北朝鮮最高指導者の初訪韓を目指していた文在寅大統領の描くシナリオはかき消されたかたちだ。

     文氏の期待に反し、会談に臨んだトランプ米大統領と金委員長の眼中に文氏がなかったことを、会談結果が物語っている。トランプ氏からその努力を感謝された文氏は「後続協議でのよい成果を期待する」と伝えた。文氏としては、米朝対話が途切れていないことに期待を託し、米朝の仲介役に徹し続けるしかない。

     韓国では、文在寅政権を支持する世論で評価されている政策のトップは南北関係改善や対北政策だ。だが、北朝鮮をめぐる情勢が後退したことが、経済政策などで国民の批判を受ける文政権に微妙な影響を及ぼす可能性もある。

    https://www.sankei.com/world/news/190228/wor1902280085-n1.html

    【【米朝会談】韓国、楽観から落胆へ…南北経済協力、完全に霧散 [02/28] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/02/28(木) 20:34:27.24 ID:rNcgNXBQ9
    トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩委員長は28日、2日目の会談を終えた。非核化などで合意には至らず、トランプ大統領は記者会見で、次の首脳会談について「約束していない」と述べた。

    2019/2/26 11:33 (2019/2/28 17:21更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41616720S9A220C1000000/
    no title

    【【米朝首脳】トランプ大統領、次の首脳会談「約束せず」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/02/28(木) 20:51:27.70 ID:w6jgcJMe9
    村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
    ‏認証済みアカウント

    @WRHMURAMOTO

    北朝鮮は核を捨てて日本は原発を捨てよう。アメリカも、他も。

    AbemaTV(アベマTV)@今日の番組表から
    認証済みアカウント

    @AbemaTV

    【ニュース速報】
    米朝合意に至らず トランプ氏「制裁解除はできない」

    北朝鮮の金正恩委員長との #米朝首脳会談 を終え、アメリカのトランプ大統領が…

    3:36 - 2019年2月28日

    https://twitter.com/WRHMURAMOTO/status/1101083708533104641
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【芸人】ウーマン村本「北朝鮮は核を捨てて日本は原発を捨てよう。アメリカも、他も。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みなみ ★ 2019/02/28(木) 20:42:16.30 ID:1kGesVe89
    2019年2月28日 19時39分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16090609/

    【ハノイ=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は「制裁解除」ありきでトランプ米大統領とのハノイでの2回目の会談に臨んだ。

     しかも十分な実務者協議なしにトランプ氏の決断に全てを委ねる賭けに出たことが裏目に出た。今回の会談失敗は、金氏にとって最高指導者就任以来の重大危機ともいえそうだ。

     「非核化の準備ができているのか」。28日の会談の合間、米記者団からこう問われると、金氏は「そのような意思がなければここに来なかった」と答えた。

     「具体的措置を取る決心は」との質問には「今、話している」と応じた。これに対し、トランプ氏が下したのは「北朝鮮は準備ができていなかった」として合意を見送る結論だった。

     金氏は2月27日のトランプ氏との再会直後には「不信と誤解の敵対的な古い慣行が行く道を阻もうとしたが、それらを打ち壊してハノイに来た」と強調した。
    金氏が「古い」と切り捨てたのが、北朝鮮による全ての核物質や核兵器、核施設のリスト申告に基づく非核化から進めるという本来、米側が描いていた方式だ。

     金氏は1月の新年の辞で「米国が一方的に何かを強要しようとし、制裁と圧迫に出るなら新たな道を模索せざるを得なくなる」と警告し、あくまで制裁解除ありきの交渉を米側に迫った。
    同時に「人民生活の向上」を第一目標に掲げており、経済を圧迫する制裁は体制の将来を左右しかねない死活問題だった。

     一方で、米側が求める実務者協議には応じようとせず、議題の本格協議に入ったときには会談まで1週間を切っていた。金氏はその2日後の2月23日に専用列車で平壌をたつ。
    非核化と制裁に関わる重大事項はトップ同士の直談判で決めるとのメッセージだった。だが、トランプ氏は会談本番で首を縦に振らなかった。

     北朝鮮は金氏の今回の長期外遊を政権高官の寄稿文などで「大長征」と持ち上げて国内向けにも大宣伝し、成果に対する住民らの期待をあおった。
    28日には、両首脳の初日の会談で「全世界の関心と期待に即して包括的で画期的な結果を導き出すため、意見が交わされた」とメディアで大々的に報じていた。

     米側に制裁の撤回を突き付けた新年の辞は最高指導者の公約といえ、金氏にとって制裁問題での譲歩は難しい。金氏は退路を断つ交渉戦術で自らを窮地に追い込んだ形となった。

    【【米朝】トップダウン戦略が裏目…正恩氏、最大の危機に 】の続きを読む

    このページのトップヘ